HOME > 生活用品・インテリア・雑貨 > 昭和の裁縫箱
日本の職人手作り 昭和の裁縫箱

昭和の裁縫箱


専門店特価 9,800円 ( 税込:10,584円 )



希望 小売価格:オープン価格


おすすめのポイント

昭和の時代。日本中どこの家庭でも見かけた懐かしいお針箱。昭和四十年代をピークに徐々に生産数が減り、現在では、佐藤昭治さん唯ひとりが、現役の編元職人として残るのみです。製品の命を絶やさぬよう、佐藤さんの手により、当時のままの姿かたちを忠実に再現しました。軽くて丈夫で使いやすい。インテリアとしても美しい。日本の宝とも言える一品です。

●現役では唯一人の編元職人・佐藤昭治さんが当時のままを再現

佐藤昭治さんは昭和4年生まれ。日本を代表する鞄の産地・豊岡で60年以上の長きにわたり、かご・バスケットの製造に携ってきた現役の職人さんです。本体の編み材料は、「セロなわ」と呼ばれる、セロファンを被せた紙芯をなわ状に編んだもの。編み目の光沢感がいかにも「昭和レトロ」で、この素材でしか表しえない独特のニュアンスがあります。はじめはシンプルだったデザインも、形・材料・編み方などに様々な工夫が凝らされ、バリエーションも増えていきました。最盛期には月産2〜3,000個が豊岡から出荷されていきました。しかしながら、昭和40年代のピークを最後として、売り上げは下降の一途をたどりました。針仕事が生活に密着したものでなくなり、量産がきき安価な海外生産品におされたことが原因です。往時は相当数あった工場(編元)も次々に廃業し、やがてソーイングバスケットを作る編元は、日本では佐藤さんだけとなっていました。一般の市場から消えた「ソーイングバスケット」という製品は、人々の記憶の中にだけある過去の遺物となりました。完全に消滅したかに見えた製品は、実際には一般には流通しないルートでのみ、わずかながら需要は続いていました。ほとんど採算も取れない中、佐藤さんは顧客の無理な注文にも応えて、細々と生産を続けていました。そのおかげで、バスケットは絶えることなく現代まで生き延びたのです。「国産のソーイングバスケットの魅力を幅広い世代により広く知ってほしい。」豊岡の鞄メーカー「中川満」の強い思いから、再び皆様にご紹介できるようになりました。ひとつひとつ手づくりのため量産はできず、お届けまでにお待たせしてしまうかもしれません。使いやすくて丈夫で美しい「昭和の裁縫箱」をこの機会にぜひお求めください。

●使いやすい大きさで軽くお部屋のインテリアにもなる美しさ
本体は深さがあるので、生地のはぎれや糸などがたっぷり入ります。重さはずか1.1kg。持ち運びが楽で年齢を問わずお使いいただけます。
 

大好評につき、数に限りがございます。
売り切れる前に、早めのご注文をおすすめします!


商品詳細

【商品名】
 昭和の裁縫箱

【サイズ】
  幅33.5×奥行24×高さ19cm(取っ手を含まず)

【重量】
 1.1kg

【材質】
 木・スチール・PVC・セロハン・紙・ゴブラン生地・人絹、トレー-ポリスチレン

【付属品】
 整理用透明トレー

【生産国】
 日本

【特記事項】
 フタのゴブラン生地は一点ずつ異なります。
 ※柄の指定・交換はできません。予めご了承ください。
 

配送について( 詳細
商品の配送は、佐川急便に委託しております。一部の直送商品につきましてはヤマト運輸等、他の配送業者がお届けする場合がございます。

送料:全国一律540円
(8,000円以上のお買い上げで送料無料)
代金引換手数料:
1万円まで 324円
3万円まで 432円
10万円まで 648円
30万円まで 1080円
決済方法について( 詳細
当サイトでは、商品代金のお支払いには「カード決済」か「代引き」どちらかを お選びいただけます。どちらもすぐに注文が確定しますので、ご都合のいい方を お選びください。

返品について(
詳細
商品の返品につきましては、到着時における破損や商品違いがあった場合、予め弊社へご連絡頂いた上ご返送頂き、10日以内に弊社に届いた場合のみ、商品を 正しいものと交換致します。

Copyright © 2016 GINZA CHOUCHOU All rights reserved